水・みどり環境技術協会

湖沼(河川)-水路-支線用排水路  水と緑のネットワークを構築します。

 
   
トップページ > 製品紹介 > その他製品
その他製品
   

その他製品

魚道システム(NEPS斜路、TK式魚道)


施工例

TK式魚道イメージ

NEPS斜路
 魚類の大きさに合わせた魚道ブロック
魚類の大きさ、性質、遊泳力などを考慮し、2種類の経路を用意しました。階段式のTK式魚道では、遊泳力の大きな魚類に適し、遡上途中でも休息・避難ができるようにブロック内にもプールを設けています。自然石を使用したNEPS斜路では、遊泳力の小さな魚類・カニや水生昆虫などに適し、自然石による凹凸が流速を弱めることで、魚類等への負担を軽減します。また、コンクリート部表面は砂地となっているため、昆虫類も流されません。

間伐材スロープ


施工例

這い上がり面

施工例
 生き物と景観を合わせた水路
水路内に落ちた生物や産卵などのために陸上へ上がる生物の移動経路を確保します。また、この設置部では深みも設けており、魚類の休息場所となります。一様な水路に自然素材ならではの景観が加わります。

TK式ワンド


Aタイプ

Bタイプ

提案例(イメージ)
 豊かな環境を呼び戻すよどみブロック
農業用用排水路では、同一の水路断面で用排水を流下させています。どの区間でも同じ流速・同じ水路環境では、生息することのできる魚類や小動物も偏ってきてしまいます。TK式ワンド工法は、水路内にワンド(淀み)を作ることで、流速の変化や魚類や小動物の生育・生息空間を確保します。水路内に豊かな環境を呼び戻すことのできる工法です。

木目湧水パネル


施工例

拡大
 
 生き物のすみかをつくるパネル
間伐材を貼り付けたコンクリート製品パネルを柵渠水路に設置するだけで地山から湧水を効果的に水路内に引き込むことができます。また、裏込めの栗石や砕石には微生物が付着しやすく、その連鎖で生物が集まってきます。さらに魚類が集まり、多様な生活空間が形成されます。

マモロック


施工例

施工例

使用図
 自然環境を守る魚巣ブロック
これまでの河川等で多く用いられてきた製品は、治水や利水の機能性が重視されていました。従来の機能に加え、自然(生物・水)環境の保全や創造といった機能を兼ね備えています。

植生ポット、植生ポット(ポーラス)


施工例

施工例

施工例
 水中プランターブロック
生活雑排水を水路に直接放流すると、水が汚れ、悪臭などの原因となります。また、農業排水には肥料などの成分が含まれており、富栄養化の原因にもなります。植生ポットを水路内に設置し、植物による雑排水や流水の簡易浄化をはかるとともに、水生植物の栽培を通じて、周辺住民の水路に対する意識の高まりを促します。

ハビロックA


施工例

製品イメージ

断面図
 ブロック積護岸に設置できる魚巣ブロック
従来の中小都市河川における河川整備では、ブロック積による急勾配護岸を多く目にします。これらの護岸では、治水を優先するあまり魚の生息空間が確保されていません。ハビロックAは、ブロック積に対応でき、魚類の生息空間を確保できるブロックです。

ハビロックT


施工例

製品イメージ

断面図
 用排水路のうら側に設置できる魚巣ブロック
山間部における利水目的での水路整備で、農業用排水路などの三面張りの水路を多く目にします。これらの水路では、魚や生物の生息空間が全く確保されていません。ハビロックTは、魚類や小動物の生息空間を確保し、汎用性があり、あらゆる水路に対応したブロックです。

ノボロック


施工例

施工例

断面図
 人と生き物の生活環境をまもる護岸ブロック
護岸整備において面積的に制限のある中小都市河川などでは急勾配護岸化による生態系破壊が問題視されてきています。ノボロックの環境保全機能と優れた施工性によって野生生物の生息環境を確保できる護岸を提供します。

多自然型木目枠工


施工例

提案例(イメージ)
 自然の景観をクリエイトするブロック
近年、河川・農業水路において、環境、景観を配慮した改修が増え、また、同時に水質浄化や水生動植物の生態系を考えるようになり、法枠護岸において木枠に栗石を詰めた石詰木枠工を施工してきました。今回の製品は表面に間伐材(半割丸太)を取り付けることで、従来工法の景観をそのまま残しつつ、躯体をコンクリート製とすることで耐久性のある安全な構造物としたものです。また、栗石部には多様な生物が生息し、水質を浄化する能力も有しています。美しい河川、心安らぐ環境を次世代の為に残していこうではありませんか。

ちゃっぷんロック工法


施工例

施工例

施工例
 新しいスタイルのため池護岸工法
近年、ため池や湖沼においては、流入水質の悪化により悪臭やアオコが発生しやすく、これらが及ぼす周辺環境や水生動物への悪影響が問題となっています。また、改修においては環境(生態系)や景観に配慮することが求められています。ちゃっぷんロック工法は、砕石による礫間接触酸化法に着目し、これを縦孔と横孔を設けた枠ブロックと組み合せ、より効果的に働きかける水質浄化工法です。

畦斜面歩道ブロック


施工例

製品
 
 斜面草刈りの作業性を向上する歩道ブロック
中山間地域の圃場整備では畦が高く、急勾配(1.0〜1.5割)となるため、高齢者にとって草刈り作業は困難な重労働でした。畦斜面歩道ブロックは、畦の途中に歩道を経済的に構築することが可能で、草刈りなどのメンテナンス作業が容易に行えます。着色コンクリートを標準仕様としているので、現場景観を損ねることもありません。