水・みどり環境技術協会

湖沼(河川)-水路-支線用排水路  水と緑のネットワークを構築します。

 
   
トップページ > 製品紹介 > 双翼型魚道(ダブルウイング型魚道)
双翼型魚道(ダブルウイング型魚道)
   

双翼型魚道(ダブルウイング型魚道)

(ARIC農業農村整備新技術登録No.275)

概要・特長

従来の傾斜隔壁越流型魚道は、流量が少ない場合でも越流水深を確保し多様な流れを創出できる利点があります。
双翼型魚道は、従来型の利点を生かし、越流形状を魚類の遡上習性に合わせた断面にすることによって、より遡上率を高めることができる新しい隔壁形状の魚道です。
1. 水田魚道
双翼型魚道は越流部が特殊な形状をした画期的な魚道です。水路と水田をつなぐことで、魚類の産卵・稚魚の育成の場としての水田をよみがえらせるお手伝いをします。

※画像クリックで拡大
2. 急勾配の設計が可能
魚が遡上しやすい流れを形成できるため、1:5の勾配での設計が可能です。従来型よりも勾配が急になることで、施工延長も少なくてすみます。
3. 高い遡上率
越流部中央は、魚類が遡上しやすい形状となっており、遊泳力の小さな魚類にも適しています。
4. うろ効果
魚道の隔壁に設けたうろ(空洞)は、遡上中の魚類の避難場所となります。
5. 落差部での連続性
水路の落差による移動経路の分断を解消する魚道としても役立ちます。